SamplingかつGood!

hiphopにおいてサンプリングによる楽曲はいろいろあるけど、わかりやすくかつナイスなものをピックアップ。そしてhiphopにとらわれることなく様々な音楽に触れよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Peace Go With You, Brother」 Gil Scott-Heron and Brian Jackson


そんじょそこらのJazzy hip hopとは格の違うJazz Liberatorz。
先日、待望のファーストアルバムが出ましたね。
ここ最近Jazzy hip hopから遠ざかっていましたが、
やっぱりイイ、Jazz Liberatorz。
でも、ボクの好きな曲の一つ「What's Real」が入っていなかったのが残念。


「What's Real」 Jazz Liberatorz ft.Aloe Blacc





---------------


元ネタです。

「Peace Go With You, Brother」 Gil Scott-Heron and Brian Jackson




音楽・メッセージの上っ面な要素だけでなく、それそのもの、つまり精神がhip hopに影響を与えている偉大なるアーティストGil Scott-Heron。
ぶれない強い自我を持つアーティストだからこそ生まれる影響力だと思う。

先日、ボクに影響を与えてくれた上司が退職した。
もちろんGil Scott-Heronと比べるわけではないのでだけれど、
やはり彼も強い気持ちがあり、その精神にボクは影響を受けたわけだ。
でも、はて、このボクには強い自我があるのだろうか。
こうありたい、こうでなければならないと思い行動できる強い精神がボクにはるのだろうか?
もちろんボクにも自我はあるけど、多分彼と同等レベルのそれは今のボクにはないだろう。
しかし、それじゃいけないと思う、、、追いつけなくても一歩でも前進しなきゃいけないと思う、、、彼の精神を引き継げなくても(もちろん全肯定して全てを引き継ぐ必要はないのだけれど)そう思えるようになったのはやはり彼の影響だ。

上司が退職して日も浅く今後、環境そしてボク自身どうなるかまだ未知数だ。
彼曰く「自分次第」。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


スポンサーサイト

「Feel Like Makin' Love」 Roberta Flack


最もカバーをされているうちの一曲です。

「Feel Like Makin' Love」 Roberta Flack




やわらかいピュア~な音質がとても耳ざわりの気持ちいい曲ですよね。
そんな感じの曲なので、bossaとかjazzテイストのカバーが多いですね。
このへんの感じは日本人受けするのか、日本人アーティストにもカバーされているみたいです。
変わりどころとしては、レゲエ調なものもあるようです。
で、どれを聴いてもイイんですわ、これが。


---------------


それだけカバーされている曲の中で、一線を画すのが、これ。

「Feel Like Makin' Love」 D'Angelo




D'Angeloしかなし得ぬこの世界観。
sweetにsexyがプラスされてます。
それだけでなく、「耳障りのいい」ことが前提であった曲を
うねり・grooveで、、、つまり体で感じさせてくれます。
聴いてると、濡れてきます。
歌い手が男というのはあるけれど、hiphopで硬いビートは
オトコ視線からの描写っぽくて
すごく感情移入しちゃいます。

アルバム「Voodoo」からの一曲なんですが、
このアルバム自体、全体を通してD'Angeloのgrooveに掴まれます。
スピーカーから出る音は三次元に近い空間・世界をつくり出し
体で聴かせてくれます。

このアルバム、
何度聴いても、あきません。
80分通しで聴くと、頭がクラクラしてきます。
ボクは「Voodoo」中毒者です。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。