SamplingかつGood!

hiphopにおいてサンプリングによる楽曲はいろいろあるけど、わかりやすくかつナイスなものをピックアップ。そしてhiphopにとらわれることなく様々な音楽に触れよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「I'm In Love」 Nancy Wilson


Free Soul系(コンピアルバム「Free Soul」に入っていそうな)曲を発見すると、すごく嬉しくなる今日このごろ。
生きてて良かったなぁ、、、とは大それた表現ですが、生きる元気をもらう感じはあります。今日も仕事でグッタリだけど、明日もガンバれんじゃねーのかなぁ、みたいな。

「I'm In Love」 Nancy Wilson




---------------

メインストリーム、オーガニック、アンダーグラウンド関係なく
R&B Diva(※Diva:元来オペラの女性歌手を指すが、、、)はめっぽう聴かないのですが、久々にヘビーローテションで聴けるErykahの新曲です。


「Honey」 Erykah Badu




PVがずいぶん話題ですね。hiphop好きの気持ちを煽ります。
ピクチャ 1

音も退屈で単にコジャレたオーガニックな感じでなく、太い音でfunk!
ユーモアもある。Old School シップもある。
でも、オサレ、、、。すごくイイ。

久々のDiva新曲のヒットでした。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■








スポンサーサイト

「Give Me Your Love」 Sylvia Striplin

歌かラップかの違いか???くらいのまんま使い。
どっちもダンシー、ダンサブル!


元ネタです。
ブリンブリンにいきたい場合はどうぞ。

「Give Me Your Love」 Sylvia Striplin




---------------


サンプリング曲です。
BPM高めにちょっとだけカリッと踊りたい場合はどうぞ。

「Full Moon」 Armand Van Helden f.Common




同僚にArmand Van Heldenのアルバムをすすめられ聴いてみたら、、、あれ?
「Full Moon」が収録されている、、、
それまで、Commonの曲だと思っていました。
白人のおにいちゃんの曲なんだと、しかもハウス寄り(?)の人で、ちょっと驚き。
まんま使いは賛否両論ありますが、この場合「素材の味」をいかしました感があってとても好きです。そしていい具合のにArmand Van Helden風アレンジ。BPM高めのCommonのラップもあんまりないから新鮮ですね。

-common-
Freak freak y'all
Black Latin Asian and White!

みんなで一緒に騒いで踊ろう!踊ろう!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



「Big Yellow Taxi」 Joni Mitchell

先日、アメリカの女性シンガーの系譜特集みたいな番組(途中から録画されていたものでタイトルは不明)を同僚宅で観ました。
前半は、ボクが今までノータッチであった白人系ポップスの系譜であり、なるほど勉強になりました。
その中でJoni Mitchellの言葉が印象的でした。
「たまに私の和音は変だって言われるの。でも和音は私の感情を表現するひとつなの。」


「Big Yellow Taxi」 Joni Mitchell





---------------


後半は、ポップスの中でもR&Bが勢いを付けてきた、、、とは番組は語っていませんでしたが、まぁ、昨今の状況を考えるにそんな構成になっちゃいますよね。
もちろんもJanetもフィーチャーされてました。

「Got Till It's Gone」Janet Jackson




Q-tipがささやいています。
-Joni Mitchell never lies-
ブラックはブラックだけの系譜で追ってしまいがちですが、それだけじゃないんだと改めて感じます。この場合、名曲が生まれ、その系譜で名曲が生まれるんだなと。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



「Happy」 Surface


「♪幸せ~って、なんだけ?なんだっけ?ぽんずしょうゆのある家さ~」
CM史上に残るOld school Classic。
バブルに湧かんとする日本において、すでにキッコーマンは「幸せとは?」という深遠な問いを世間に投げかけたのであ~ります。キャラクターの明石家さんまが離婚したのはそれからずいぶんとたってからのことであったけど、離婚率が右肩上がりの昨今、「幸せって何だっけ~2009年remix~」なんて出したら、響く人も多いのではないかと思うのです。


---------------


幸せのひとつのカタチです。

「Happy」Surface




直球、ド直球!こんなにHappyにいきたいものです。
でも、相手あっての恋物語、、、なかなかそう簡単にはいきませんよね。


---------------


うまくいかないんだったら、やさぐれてやる!
ということで、

「Fast Life」 Kool G Rap f. Nas by




威勢張って強がってみても、実はピュアなんですよ、 Kool G Rapはきっと。だってそうじゃなかったら「Happy」なんて曲聴かないし、ましてやサンプリングもしないでしょう。少なからずSurfaceへのrespectがあってサンプリングしたと思うわけですよ。

そしてピュアなんですよ、ボクも。




※やさぐれるは、不良の間で使われていた隠語「やさぐれ」が転じた言葉である。「やさぐれ」の「やさ」は「鞘(さや)」の反転で、刀の刀身部分を入れる筒の意味から「家」、「やさぐれ」の「ぐれ」は外れること。つまり、家出することや家出人を「やさぐれ」と言った。この「やさぐれ」が動詞化され「やさぐれる」となったが、「ぐれる」との混同や誤用により、現在の意味になった。
~語源由来辞典~



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「Betcha By Golly, Wow」 The Stylistics


ジャケットがモノクロ時代のベタベタなSoul musicは、さすがにちょっと古くさいなぁ、なんて思ってあまり積極的に聴かないのですが、The Stylistics「Betcha By Golly, Wow」がここ最近、心に響きまくりです。

「Betcha By Golly, Wow」 The Stylistics




やさしく歌い上げるファルセットヴォイスが、ボクのざらついた心を撫でてくれる、ないしは同情してくれてるような感じなんです。
~You're the one that I've been waiting for forever. And ever will my love for you keep growin' strong. Keep growin' strong~
こんな気持ちでいつまでいれるのだろう、、、イイ歳こいて。
おセンチになると、hip hopよりもこんな感じの曲ばかり聴くようになる傾向なんです、、、恥ずかしながら。



---------------


殿下までボクに同情してくれるんですか!?
光栄です、、、

「Betcha By Golly Wow」 prince





---------------


「Betcha By Golly, Wow」はいろんなアーティストにカバーされてますが、女性アーティストもずいぶんカバーしてますね。素敵でキレイな曲が多いんだけれど、持論としてはオトコが歌ってなんぼの曲だと思ってます。でも、意外な女性アーティストを発見しました。

「Betcha by Golly, Wow」 mimi




日本人で、結構有名な方のようなんですが、ボクは知りませんでした。詳しくはオフィシャルサイトで↓
http://www.jvcmusic.co.jp/mimi/
興味深いので、そのうち掘ってみようと思います。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。