SamplingかつGood!

hiphopにおいてサンプリングによる楽曲はいろいろあるけど、わかりやすくかつナイスなものをピックアップ。そしてhiphopにとらわれることなく様々な音楽に触れよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「People make the world go round」The Stylistics

ガソリン価格高騰の影響で、今年のG.W.は電車での移動が増えているとか。
景気の方も回復しないしないとずいぶん長い間言われていますが、小市民はつべこべ言わず、ただ働くのみです。


「People make the world go round」The Stylistics

People Make the World Go Round - Stylistics - Stylistics

フィリーソウルって「Me and Mrs. Jones」に代表されるように、甘美な男女物語を歌ってばっかりだと思っていたんですが、この曲の詞面を見る限りそうでもなさそうです。
そのまま理解すると世の中の刹那を歌ったものか?
この曲は1972年のもので、1960年代後半からのアメリカ景気にちょっと陰りが出始めた頃と重なるっちゃー、重なるし。
いずれにしてもけだるく切ないgrooveは、今のボクのそれと重なります。


---------------


今回のsampling曲は硬派です。

「Swan Lake」 Blackalicious


Swan Lake - Blackalicious

硬派と言ってもオトコ臭いとかそういう硬派でなく、
最もアーティステックなグループのひとつ、であるという意味で。
すでにhiphopクラシックとなった「Swan Lake」はインディーからのデビュー曲であるのだけど、メジャー契約後も常に「Blackaliciousとは?」を探求するそのスタンスがステキだ。
「メインストリームとかアンダーグラウンドとかいうのは単なる経済面から見た用語に過ぎなくて、音楽を形容する言葉じゃない。(Blackalicious/Chief Xcel/DJ)」~bounce.com ~



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スポンサーサイト

「POP LIFE」PRINCE

「POP LIFE」PRINCE

Pop Life (Extended) - Prince

ゴージャス+ファンク+セクシーと、おいしいところをどんどん突いてくる殿下は、ボクのアイドル。
クロスオーバーな音楽たるゆえか、hiphopリスナーには意外と聴かれていない殿下ですが、hiphopはずいぶん影響を受けていると思うんだな、ボクは。

『自分を育ててくれた曲に感謝の気持ちを表し、自分が カバーする事で素晴らしい曲を書いたソングライターに お礼をしたい』 ~PRINCE~


---------------

もちろんsamplingもされてます。

「The Lover in You」 Big Daddy Kane


The Lover in You - Big Daddy Kane

セクシーアイドルの曲にのせ色男MCがラップする、単純だけどス・テ・キ。

Big Daddy Kaneってやっぱすごいなぁ、と思った動画。

CommonとRootsでお腹いっぱいなのに、ぜいたく、ぜいたく。
素晴らしいエンターテインメント。
Big Daddy Kaneの色男は今は昔、喫茶店のマスターみたくなっちゃたのも、またヨシ。
Black Thought のラップって生でもすごいなぁ。
ダボダボの服がない。みんなオサレだ。
古きをリスペクトしつつ、また新しいシーンが生まれる、
そんなhiphopシーンが好き。
、、、と見所満載の5分間。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「Everybody Loves The Sunshine」Roy Ayers


ギラつく太陽の下で飲むビールは、うまい。
でも、CMでやってるような海辺で爽やかに飲むわけでもなく、
河原のバーベキューで楽しく飲むんでもない。
めっぽうインドアなボクは家のベランダでゆっくり、ダルく飲む。
部屋から聴こえてくるのはこの曲。

「Everybody Loves the Sunshine」 Roy Ayers




ミステリアスで神々しい世界観に酔う。
ビールの酔いがそれを倍増させる。
耳が、体が気持ちイイ。
たくさんのアーティストに尊敬(畏怖に近い域か?)され、そしてカバー・samplingされているチョー名曲。


---------------


たくさんのsampling曲の中から好きな2曲を。

1曲目
「Wake up (Reprise In The Sunshine)」 Brand Nubian




当時は、ハードコア勢いと一線を画すニュースクールなんて言われていたBrand Nubian。最近では、A.T.C.Q.しかり、ミドルスクールなんて言われてましたが、それは時間軸的な便宜上の言葉だけであって、ボクにとっては発売当時からオールドスクールでした。つまり「MosDefyの殿堂入り」ってこと。へ理屈ですけど、何年たっても、何度聴いても聞き飽きない曲。


---------------


2曲目
「Listen Up」Erule


Listen Up - Erule

ずいぶん昔になりますが、友人のDJ U-SAYと「家が火事になったらどのレコードを持って逃げるか?」の話をしましたことがあります。ボクにとっては、間違いなくこのレコード。
Eruleは俗にいう一発屋なんですが、
「Listen Up」はボクが今まで聴いたことのある曲の中で
最も好きな曲
なんです。
なぜイチバンかは、自分でもわからないのですけど。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。